ホーム ショップ情報 走行会情報 インプレッション リンク集 掲示板 お問い合わせ

 
軽自動車新規格NAレース向けて・・・
3.「車両の製作」
 

車高調キット


ブレーキローター


ブレーキパット

足回り関係の改造は?・・・

ここでも、大まかな改造箇所と必要性をご紹介します。

1.スプリング
レースでは、車両を普段使用している時よりも、スピードレンジが高く、ノーマルの物では車体が大きく傾いてしまいます。車両の姿勢が大きく乱れると、ステアリング操作がしにくくなるだけでなく、思わぬ事故に繋がる事があります。変更可能な部品ですので、耐荷重性が高い物に交換をお勧めします。

2.ショックアブソーバー
ショックアブソーバーも、スプリングと一緒で、スピードレンジが高いサーキット走行やレースでは、強くしたスプリングを制御する意味でも、変更をお勧めします。

3.ブレーキパット
スピードレンジが高くなる為に、ノーマルのブレーキパットでは容量不足になりがちです。熱によりブレーキパットが炭化し、通常の制動力が得られなくなります。変更可能な部品ですので、交換をお勧めします。

4.ブレーキローター
変更可能です。ノーマルのブレーキローターでも十分ですが、よりストッピングパワーが必要な方にはスリット入りのローターがお勧めです。

足回りの強化は、スピードレンジが高いレースやサーキット走行には必要不可欠です。
最近は値段の安い車高調整式のショックやブレーキパットもありますので、交換をお勧めいたします。

 
駆動関係の改造は?・・・

駆動関係には主に、クラッチディスク・カバー、フライホイール、トランスミッション、デファレンシャル等がありますが、フレッシュマンクラスで変更できるものは、クラッチディスク・クラッチカバーのみです。
その、必要性は以下の通りです。

1.クラッチディスク
クラッチディスクは、エンジンからの回転をトランスミッションへ、伝える重要な役割を持っています。大排気量のレースカー等では、エンジンパワーが大きい為に、強化品でないとすぐにクラッチが滑ってしまい、走行すらできなくなりますが、軽自動車のNAは、あまり大きなエンジンパワーではないので、ノーマルでも特に変更しなくても大丈夫です。
  ただ、強化品に変更すると、クラッチペダルの操作にダイレクトに反応してくれるので、コンマ1秒の争いをする時には、必要になるかもしれません。

2.クラッチカバー
クラッチカバーは、エンジンからの回転をトランスミッションへ伝える為に、クラッチカバーをフライホイールへ押し付ける役割を持っています。
  これも、ディスクと同じで、コンマ1秒の争いをする時には、必要になるかもしれません。

これらの物は、最初から揃えなくてもサーキット走行やレースには参加できます。クラッチカバーやディスクは、消耗した時に交換をお勧めします。2011年2月現在で、ケイズファクトリーのアルトバンには、これらが一切付いていませんが、サーキット走行をして楽しんでおります。

 
車両の製作4>>
 
  ケイズファクトリー  〒984−0032  宮城県仙台市若林区荒井字笹屋敷134-1  
 
TEL 022−355−7374  FAX 022−355−7364